ページトップへ

イベントの案内

 

 

2015年より、毎年、東条コスミックホールのホワイエをお借りして、全クラス合同のハロウィンパーティーを開催しています。子どもたちは思い思いに仮装して参加します。

前半は各クラスによる出し物。毎年、劇や紙芝居、歌や絵本の読み聞かせなど、自分たちの知っている英語を使って発表します。後半は、トリックオアトリート。毎年15軒ほどのご家庭が、子どもたちにお菓子を配ってくださいます。また、2018年度は、保護者有志によるゲーム屋台やお化け屋敷があり、大盛況でした。今ではハロウィンパーティーは秋の風物詩となっています。

 

2018年度のハロウィンパーティーのプログラムはこちらです。

 

今年も加東ケーブルTVさんが、ハロウィンパーティをニュース番組で放送して下さいました。様子がよく分かるとおもいますので、ぜひご覧下さい。

(Windows Media Playerで再生します)

 

 

 

クリスマスウィークのレッスンでは、クラフト作りに取り組んでいます。毎年クリスマスにちなんだ、工夫いっぱいの作品が出来上がります。

 

2018年度 プラ板でキーホルダー

プラスチックの用紙に、雪だるまやツリー、サンタさんなど、クリスマスに似合う絵をペンで書きます。色んな色を使って色をつけた後、トースターで数分加熱すると…B5サイズくらいあったひらひらの用紙が、5センチ四方くらいの固くて小さいピースになりました。前もって開けておいた穴にひもを通せば立派なキーホルダーのできあがり!

 

2017年度 Elf Me(エルフ・ミー)

エルフは、サンタクロースのもとで働く小人たちのこと。その小人の顔の型に自分の顔を当て込むと…かわいいエルフ・ミーのできあがりです!クリスマスツリーの飾りとしても使えますね。

 

2016年度 ステンドグラス

ステンドガラス風にデザインされた紙に、色を塗っていきます。それぞれ好きな絵柄を選んだら、あとはペンで色をつけていくだけ。言うのは簡単ですが、これがなかなか大変!でも、細かい作業が好きな子も苦手な子も、一度始めると結構はまります。 最期にフレームをつけると出来上がり!アメリカでは教会で、よくステンドグラスを見かけます。

 

  

 

2015年度 クリスマスカード

各クラスでクリスマスカードを手作りしました。白いフェルトで切った雪だるまを紙に貼って、いろいろな小物で飾り付けをします。お気に入りのメッセージが書いたスタンプを押して、はい出来上がり!みんなはこのカードを誰にプレゼントしたのかな?

アメリカの家庭では、12月ごろから家族や友達からたくさんのクリスマスカードが届きます。どのカードにも素敵なメッセージが印刷されていて、その横に手書きでメッセージが書いてあります。もらったカードは大事にクリスマスまで飾っておきます